前へ
次へ

道路斜線制限はどんな時に気にするか

同じような立地にある土地ながら土地の値段が違うときがあります。
相場に近い土地もあれば相場からかなり安くなっているときもあります。
個人が売主の時は早めに売りたいからと相場から下げるケースがありますが、それ以外にも下げないと売れない理由が隠れているときもあるので注意が必要です。
それぞれの土地には一定の制限が付けられる時があり、新たに建物を建てるときは制限に従って建てなければいけません。
道路斜線制限が設けられているときは、その土地の前にある道路の前にある建物に対してどんな影響を与えるかを制限します。
建物の高さによって日当たりや風の流れなどが影響しにくいようにしなければいけません。
前面道路が広ければその向かいにある建物に対して高めの建物を建てたとしてもあまり影響がありません。
そのため制限も少なくなります。
一方で道路が法律ギリギリの道路だとすると建物を建てた時に影響が出やすいので、建てられる建物に制限がかかる可能性があります。
3階建てが建てられないなどもあるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top